売掛金の回収を代行する?ファクタリングがおすすめ

売掛金の回収代行にはファクタリング

売掛金とはいったい何か

 

経理的な作業をしていると、売掛金をいう言葉をよく耳にします。果たして売掛金とはいったいどんなものを指すのか。それは、帳簿上における売上の未集金になります。だいたい一ヶ月ごとに請求を出し、その金額を相手先が払うといった仕組みになっています。

 

これらを終始管理しているのが台帳といわれるもので、得意先元帳と呼ばれています。得意先元帳にはどんな項目が記載されているかというと、売掛金の発生や回収、そして残高がしっかりと記入されているのです。それらは相手先がわかるようにきちんと管理されています。

 

商品が提供された日時は実際に取引が行われた日時と同じになります。ただ、代金が支払われた日も同じとは限りません。商品を提供したものの、代金をまだ受け取っていない状態でしたら、その分のお金は売掛金となり、帳簿に記載されます。

 

掛け売りをするたびに振替伝票を記載したりはしません。毎月、締め日とされる日に請求書を作成しますが、その時に合計額で記載をすれば発行される伝票の枚数、そして総勘定元帳への記載も減ることになりますので、作業が簡略化できます。

 

でも、その際には総勘定元帳には合計金額だけが表示されないことになってしまいます。だから、詳細な情報を確認するために得意先元帳というものが必要となるのです。

 

得意先元帳においては、それぞれの得意先ごとに分けて記載されます。ですが、総勘定元帳では得意先ごとに区別はされず、すべて一律に売掛金という名目の一つの口座で処理されることになります。それにより、総勘定元帳においての売掛金の残高の詳細については、得意先元帳が表しています。

 

商売をする上で、売掛金や買掛金の管理をすることはとても重要です。この管理をきちんとしておかないと、取引先の信用は失うことにもなりかねません。

 

売掛金を活用して資金繰りを改善しよう

 

売掛債権担保融資を必ず成功させるには3つのコツがあります。この3つのコツさえマスターすれば、もう安心です。売掛債権担保融資を利用すると、いろんなケースに対応できるようになります。

 

売掛債権担保融資保証制度を利用することによって改善できる問題には、次の5つが挙げられます。

 

1つめは、担保が不足して追加の融資が受けられない場合。
2つめは、新しい会社を立ち上げるための資金が欲しい場合。
3つめは、業務が悪化していく中での行ないたい運転資金の調達。
4つめは、税金、そして社会保険料を支払うのが厳しい場合。
5つめは、創業してから実績が乏しく、通常の銀行融資がなかなか受けられない場合。

 

売掛債権担保融資の元となっている「売掛債権」とはどんなものでしょうか。売掛債権担保融資というものは、ABLとも呼ばれています。アメリカや北米などではとてもよく知られている商取引の方法になります。また、国内においてもABLが段々と浸透してきています。

 

このABLを利用することにより、相手の方に債権譲渡をしたこと知られることもなく、資金繰りが解決できるという非常に便利なものなのです。ABLの一番のメリットとは、信用保証協会の一般補償額とはまた別に、売掛債権担保融資保証制度が使えるということです。

 

売掛債権担保融資を行なうには、既に取引をしている銀行を間に介して融資を受けることになります。また、銀行だけではなく、ノンバンクであっても売掛債権担保融資を行っているのです。

 

ノンバンクの良さは、銀行よりも審査が柔軟なこと、そして保証を行ってくれる点です。もしも、銀行の融資がなかなか難しいと思われる場合には、ノンバンクで融資を受けるという中小企業も多いようです。

 

 

売掛債権担保融資とは

 

売掛債権担保融資というものがあります。なんだかとても難しい言葉に感じられますね。実際どんなものかといいますと、中小企業が取引先に対して売掛金を持っているとします。

 

そうすると、その売掛金を担保として融資することができるのですが、その融資を売掛債権担保融資と呼んでいるのです。このようにすることにより、売掛金を回収する方法として、売掛金を回収する期日まで待たなくとも、売掛金を資金に変えることができるようになるのです。

 

企業が持っている売掛金を担保としてしまうには、売掛債権を担保にして金融機関に譲渡してしまう必要があります。それはいったいどのようにするのでしょう。

 

1つは、売掛先より売掛債権の譲渡についての承諾をとる方法です。
2つめは、売掛先に売掛債権を譲渡してしまったことを知らせるというものです。
3つめは、金融機関に売掛債権を譲渡してしまったことを法務局に登記して、金融機関の方が必要であると判断した時に売掛先に通知するというものです。

 

大きく分けてこの3つになります。

 

ですが、この融資には実はデメリットも存在しているのです。それはどんなものかというと、売掛先の方に担保にしてしまったことが分かってしまうということです。

 

1つめの場合は承諾したことによって、2つめの場合は通知したことにより売掛先に知られてしまうのです。会社の資金繰りが大変なのかと勘ぐられてしまう可能性も充分にあります。

 

ただ、3つめの方法でしたら、債権譲渡登記事項概要ファイルには記録されてしまいますが、商業登記簿謄本に記録されるといったことはありません。金融機関に対して滞りなく返済をしているのであれば、売掛先に伝わってしまうことはないでしょう。

 

受取手形と売掛金の違いについて

 

営業債権とはいったい何なのでしょうか。仕事上、経理の仕事に携わっている人や、経理に関係している他の仕事に携わっている人にとっては当然知っていることかもしれません。ですが、まだ日商簿記3級を勉強して間もない人や学生さんなんかにはあまり知られていないでしょう。

 

この営業債権というものは、業務の売上によって得た債権です。「売掛金」や「受取手形」といったものが該当します。あとで返してもらう権利、とでも言うのでしょうか。その逆は、営業債務となります。

 

当たり前ですが、企業側はできることなら現金で支払って欲しいはずです。必ずしもお金が入ってくるかどうかはその時点では確実とはいえないわけですから。会社の資金繰りのためにもできるだけ早く現金が欲しいのです。会社側にも支払い等があり、ここで滞ってしまうとお金が回らならなくなってしまいます。

 

ですが、現金による決済だけでは、実際、経済社会はうまく回ることができません。そのため、あとで受け取ることのできる決済手段があるわけなのです。営業債権の勘定において、頻繁に出てくるのが「売掛金」や「受取手形」という言葉です。この2つはどんなふうに異なっているのでしょうか。

 

売掛金とは『単なる口約束』であって、受取手形というものは『法律上の約束』なのです。売掛金は、いわゆる「ツケ」みたいなもので、法律的にいうと支払期日や支払義務などの拘束力が非常に弱いです。

 

その一方で、受取手形には専用の法律というものもあります。手形という証券には、期日、名前を記入します。そのため、お金を受け取る側、支払う側がバ非常に明確になります。きっちり法的な強制力を持っているのです。